彼氏が彼女に冷たい態度を取る心理と対処法を徹底解説

最近、彼氏の態度が冷たい…と悩んでいませんか?あなたが好きな彼氏に、そっけない態度やヒドい言葉を投げかけられたらショックですよね。今回は、彼との仲を改善したいと思う女性へ「男性が彼女へ冷たくする心理」と「相手の気持ちを振り向かせる対処法」をご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

無料登録で最大2,500円分占う

彼氏が冷たいと女性が思う瞬間

彼氏が冷たいと女性が思う瞬間彼氏が冷たい…と女性が感じる瞬間は、どのようなときなのでしょうか。そのときの女性の気持ちをご紹介していきます。

返信が遅い

「休みの日もLINEが遅くて、短い文も送れないほど忙しいの?」(29歳/営業)「最初の頃は彼から頻繁にLINEしてきたのに、今では私が送っても返信が1日後」(26歳/教育関連)

付き合い始めは忙しい中でも時間を見つけて返信も早かったのに、最近は返信が遅くて冷たいと思ってしまうようです。今までと明らかに彼の態度が違うと、モヤモヤしてしまいますよね。

連絡が減った・連絡が来ない

「連絡がマメじゃなくなった」(25歳/飲食)「同僚は彼氏から連絡をもらうのに、自分はしてもらえない」(30歳/IT)

付き合い始めの頃はマメに連絡をしてくれていたのに、最近は彼氏にLINEを送っても、未読無視や既読スルーをされる頻度が多くなると悲しくなりますよね。特に、毎日電話したり、何通もLINEをやり取りしていたカップルの場合、彼氏から連絡が減ると不安になる女性が多いもの。だからこそ、催促をしないと連絡が来ないと、冷たくなったと感じるみたい。こちらから連絡をしなければ、そのまま音信不通になってしまうのではないかと思ってしまうくらい、彼氏からの連絡がないと不安に感じてしまいますよね。

返事がそっけない

「私が真剣に相談しているのに、適当な返信が届く」(28歳/販売)「会話も盛りあがらなくなって、口数が減った」(30歳/事務職)

今まではスタンプや絵文字を使って楽しくやり取りしていたのに、そっけない文になってしまうと悲しくなってしまいますよね。特に、一言返事をするだけなのに、だいぶ経ってから返信が来ると冷たく感じる人も多いよう。

他にも、二人で話しているのに、相づちだけや冷たい返事だと、愛されていないと心配になってしまう女性も多いのです。彼自身、仕事疲れや他に集中している可能性がありますが、毎回そんな態度なら危険信号。

体調が悪くても心配してくれない

「一人暮らしで体調が悪くても、そっけなかった」(24歳/事務)「体調を崩しても心配してくれず、流された」(26歳/IT)

体調が悪いのに彼氏が心配してくれないと、冷たいと受け止めてしまいますよね。しかも、弱っているときだからこそ、なおさらマイナスに考えてしまいがち。特に、今まで心配して家まで来てくれていた彼氏が、一切心配してこなくなると、冷めていると落ち込んでしまうみたい。せめて、体調が悪いときくらいは、気にかけてほしいと思ってしまいますよね。

デートの回数が減った

「忙しくてもデートの時間を作ってくれていたのに、途中から会えなくなった」(28歳/専門職)「仕事が忙しいと言われ、デートの回数が減った」(31歳/販売)

デートに誘っても断り続ける彼氏に「冷たい」と憤りを感じてしまうことも多いようです。今まで一緒に出かけてくれていたのに、回数が減ってしまったら不安に感じてしまいますよね。

話を聞いてくれなくなった

「転職の話を彼氏に相談したら、したいならすれば?と。真剣に相談しているのにショックだった」(27歳/美容)「何気ない会話も、聞いているのか聞いていないのかわからない」(30歳/専門職)

話を真面目に聞いてくれなくなった彼氏に、冷たいと感じる女性が多いのも事実です。スマホを見ながらそっけない返事をされたり、目も合わせず話をされると不安になってしまうそう。きちんと話を聞いてくれない態度に、大切にされていないと感じてしまいますよね。

一緒にいてもイライラしている

「最初は楽しそうだったのに、今は一緒に外食しても不機嫌」(33歳/秘書)「意味もなくイライラしている」(28歳/秘書)

付き合い始めた頃はいつも笑顔だったのに、最近では怒ってばかりいる彼氏に自信をなくしてしまう女性もいます。以前の雰囲気とまったく違うなら、彼の心が離れていると思ってしまいますよね。

スキンシップが減った

「手をつないでくれなくなった」(27歳/介護)「腕を組んだら、ため息をつかれた」(29歳/飲食)

彼氏とのスキンシップをする回数が減ったことに、ショックを感じてしまう女性も少なくありません。手をつないでくれなかったり、キスやハグの頻度が少なくなったりすると、冷たくなったと感じても当然です。

一緒にいてもスマホばかりいじっている

「デート中、スマホゲームをずっとしている」(23歳/営業)「一緒にいるのに、誰かと楽しそうにLINEをしている」(25歳/美容)

デート中にスマホを見ている彼氏を見て、相手にされていないと感じる女性も多いようです。以前までは2人の時間を大切にしていた彼氏だとしたら、不安になってしまいますよね。

好きと言ってくれなくなった

「『好き』と言っても濁される」(27歳/編集)「前は言葉で伝えてくれたのに、最近は一切ない」(32歳/クリエイティブ)

今まで好きといってくれていた彼氏が、最近は全然いってくれない状態になると気持ちが冷めてしまったと考える女性は多いようです。もともと好意を伝えるのが苦手な男性は、恥ずかしがっているだけかも。

何をしていても無反応

「彼のために料理を作っても、美味しいの一言もない」(26歳/福祉)

彼氏に何を言っても無反応だと、彼氏の態度が冷たいと多くの女性が感じるようです。女性の中には、「もう一緒に居ても意味がない」「時間を無駄にしたくない」と思い別れを選ぶタイプもいます。

次のデートの約束ができない

「『次いつ会える?』と聞いても、連絡すると言われたまま連絡がない」(23歳/専門職)

付き合い始めの頃は、仕事の日以外を彼女と過ごしていた彼氏が、急に次のデートの約束を曖昧にし始めると不安になりますよね。「次の休みがわからない」「その日は忙しい」など曖昧な理由で断り始めたら要注意。

ドタキャンが続いた

「会う約束をしていたのに、家を出る直前でドタキャンされた」(26歳/クリエイティブ)「何度デートの約束をしても、ドタキャンばかりで会えない」(31歳/専門職)

以前は、デートする場所を決めてくれてたり、食事を予約してくれたりしていた彼氏だったのに、ドタキャンするようになったら落ち込んでしまうみたい。デートよりも友達との約束を優先されたら悩んでしまう女性もいます。

ありがとうやごめんを言わなくなった

「料理を作っても、ありがとうと言わない」(23歳/飲食)「彼が間違っていても、謝らなくなった」(29歳/営業)

今までは感謝や謝罪の言葉があったのに「ありがとう」「ごめん」を言わなくなった彼氏に対して、愛情が薄れたと感じてしまうみたい。同棲カップルの場合、女性が食事の準備しても感謝の言葉がなかったら、疑ってしまいますよね。彼女の存在に慣れすぎて、優しさや気遣いを忘れてしまったのかも。

身だしなみを気にしなくなった

「彼がお洒落なファッションで、デートに来なくなった」(30歳/販売)「友達との約束は身だしみを整えるのに、私とのデートでは髪型のセットもしない」(28歳/エンジニア)

初めの頃はファッションや髪型に気にしていた彼氏だったのに、いつしかダラシなくなると女性としての価値が下がってしまったように感じる女性も少なくありません。彼氏の態度から冷めてしまったと痛感するみたいです。

彼女の変化に気がつかなくなった

「美容室の帰りにデートしても、変化に気づいてくれない」(24歳/イベント)

以前は髪型やメイクの変化にも気づいてくれた彼氏が、何もいわなくなると自分への興味が薄れたと感じる女性もいます。ただ多くの男性は、女性の変化に気づかないので、彼氏の性格を考えてみましょう。

約束や記念日を忘れるようになった

「クリスマスプレゼントがコンビニ弁当だった」(27歳/IT)「誕生日を忘れられて、祝ってもらえなかった」(25歳/営業)

彼氏に誕生日や大切な日を忘れられたら、ショックを感じてしまうのは当然のことですよね。女性の中には、両親と会う約束をしていたにも関わらず、彼氏がその約束自体を忘れてしまって、自分に興味がないと思ってしまうようです。ただ仕事が忙しくて本当に忘れてしまう男性もいるので、素直に謝ってくるようなら今後の態度を見てもいいかも。

連絡が長期間なくてもリアクションがない

「あえて連絡をしなくても、彼からも連絡が来ない」(25歳/介護)「久しぶりに連絡したら、元気?と言われた」(32歳/飲食)

彼女から長期間にわたり連絡をしなくても、彼氏から何もリアクションがないと冷たいと感じてしまうようです。わざと試すようなことをすると、彼氏もそれに気づいて関係が悪化してしまうので気をつけて。

彼氏の態度が冷たいとき、どう思う?

彼氏の態度が冷たいとき、どう思う?彼氏に冷たくされたとき、女性が思うことを見ていきましょう。

寂しい

「寂しくて、自分が悪いと責めてしまう」(30歳/教育関連)「寂しいのを我慢して、なるべく気にしないようにする」(27歳/医療)

もう好きじゃないかも

「私のことを好きじゃないのかもと不安になる」(34歳/クリエイティブ)「好きじゃなくなったのかと思うと、投げやりになってしまう」(28歳/事務)

何かしたかも

「気に触ることしたかな?と心配で、記憶をたどる」(23歳/販売)「何かしたかな?でも連絡を入れてしつこくしたくない」(25歳/教育関係)

悲しい

「忙しいのはわかるけど、大事にされていないようで悲しい」(31歳/イベント)「相手の都合に振り回されているようで悲しい」(27歳/福祉)

彼女に冷たくする男の本音と理由って?

彼女に冷たい態度を取るのは気持ちが冷めたからなのか、男性のアンケート調査をご紹介します。

Q.彼女に冷たくするのは気持ちが冷めたからですか?Q.彼女に冷たくするのは気持ちが冷めたからですか?

出典:マイナビ

42.9%以上の男性は、彼女に冷たくする理由は冷めたからと回答しました。ここからは彼女に冷めたくしてしまう理由をエピソードと一緒に見ていきましょう。

気持ちが冷めたから

「価値観の違いで、気持ちがなくなり冷めた」(31歳/営業)「彼女に対して愛情がなくなって、冷たくなった」(33歳/販売)

彼女への気持ちが覚めてしまうと、ホンネが無意識に態度や言葉に出てしまう男性が多いようです。昔よりドキドキがなくなり、愛情が薄れると冷たい態度をとってしまうみたい。

別れたいから

「別れたいから、冷たく接して自然解消を狙う」(25歳/専門職)「別れたいから、LINEの頻度を減らして気持ちがないのをわからせる」(28歳/医療)

男性が別れを考え始めると、無意識に冷たい態度をとる人もいれば、わざと冷たい態度をとって彼女から振られたい人もいるようです。自分から別れ話を切り出して悪口を言われたり、揉めごとを避けようとする気持ちから、あえて嫌われる態度をとるみたい。

面倒くさくなったから

「LINEのやりとりが面倒くさくなって、一生懸命さがなくなる」(30歳/医療)「居てあたりまえで、会うことが面倒くさい」(27歳/エンジニア)

男性は、LINEや電話のやり取りは、あくまでも何か用事があるときだけ利用して、女性のようにたわいもない会話を続けるのは苦手だったりします。付き合いはじめの頃は、頑張って彼女のペースに合わせていたものの、関係に慣れてくると意思の疎通ができていると思い込み、連絡が遅くなり、やがて減っていくのです。前に比べて、最近極端に連絡が取れなくなると、彼女に対して疲れた、面倒くさいと感じているから要注意。

仕事やプライベートで心の余裕がないから

「仕事で疲れていて、優しくできなかった」(23歳/飲食)「精神的に余裕がないと冷たくしてしまう」(27歳/専門職)

仕事の繁忙期やプライベートで悩みごとがあると、どうしても彼女への態度が冷たくなる男性も少なくないようです。この場合、彼女のことを嫌いになった可能性は低いでしょう。ただし「なんで最近冷たいの?」「仕事と私どっちが大切なの?」と聞いてしまうと逆効果になるので気をつけて。状況が落ち着けば今まで通りの彼氏に戻るはずなので、今はそっと癒してあげましょう。

恋愛以外の興味が強くなったから

「彼女以外のことで充実するようになり、LINEを見るのは寝る前だけ」(24歳/飲食)「仕事に集中したくなり、彼女と会う時間が減った」(28歳/営業)

恋愛モードだったときは、彼女のことを最優先に考えていた彼でも恋愛以外の興味が強くなると、彼女の優先順位を下げてしまうこともあるようです。この場合、嫌いになったわけではないので、彼自身の時間を尊重させてあげてもいいかもしれませんね。

彼女に好かれるために努力をしなくなったから

「自分が本気にならなくても、彼女が自分を嫌いになるわけないと思う」(32歳/建設)「そっけなくしても、許してくれると思う」(26歳/教育関係)

恋愛モードのときは、彼女に対して積極的に努力をするものの、関係に慣れてしまうと努力をしなくなる男性も珍しくないようです。例えば、もともと返信が遅いタイプなのに、頑張って早く返信していたという人もいれば、彼氏になれた達成感で急に冷たくしてしまう人も実際にいます。彼氏の気持ちを判断する前に、彼の性格を考えることも大切なのかもしれませんね。

他に気になる人ができたから

「会社で気になる女性がいて、その人とLINEする方が楽しい」(33歳/クリエイティブ)「他の女性からアプローチされて関係を持ってしまった」(23歳/飲食)

職場やプライベートなどで彼女以外に気になる女性ができると、明らかに彼女への態度が冷たくなるようです。一緒にいるときも誰かと楽しそうにLINEをしたり、急に飲み会が増えたら怪しいかも。本人は普通に接しているつもりでも、女の直感で女性の存在に気づいてしまうかもしれませんね。

素を見せているだけ

「彼女に合わせていたけど、慣れてきて本来の性格を出しているだけ」(28歳/編集)「落ち着く存在だから、特別何かしようと思わない」(35歳/専門職)

付き合い始めの頃は、冷たいと思われないように、できるだけ女性に対して楽しい雰囲気にしようと努力していた男性も少なくないようです。他にも、インドア派にも関わらず、頑張って遠出していた男性もいる程。

ただ、付き合いが長くなると、素の性格が見えてくるもの。男性の中には、あまり人に干渉しないタイプも多く、実際には冷たくなったわけではなく本来の姿を見せるようになっただけかもしれません。つまり、もともとそっけなく、クールと周りに思われるようなタイプだったのです。このタイプは、決して彼女を嫌いになったというわけではなく、あなたの前では安心して本当の自分を出せるようになったということ。戸惑いもあるかもしれませんが、そういう人だと思って付き合うと気持ちが楽になりますよ。

かまってほしいから

「彼女がいつも受け身だから、冷たくしたら気にかけてくれると思った」(28歳/イベント)「追いかけるよりも、追いかけてほしいから冷たくしてしまう」(25歳/営業)

このタイプの男性は、冷たい態度を取ることで相手の気を引いて、自分に関心を持ってもらおうとするのです。彼があなたのことを好きな確率は、かなり高いといえます。

浮気をしていたから

「浮気相手に夢中になっていたから」(25歳/サービス)「仕事が忙しいのに、浮気相手とも遊びたくて放置してしまった」(34歳/IT)

浮気をしてから彼女に冷たくしてしまったという少数派の男性もいます。急に連絡が来なくなったり、極端にそっけなくなったら、浮気をしている可能性があります。ただし、証拠もないのに疑うと関係が悪化するので気をつけて。

彼女がわがままだから

「わがままも可愛く思っていたけど、最近は疲れる」(31歳/医療)「彼女の連絡がしつこくて、思いやりがないと思った」(25歳/美容)

付き合い始めの頃は、彼女のわがままも許せていたけれど、我慢の限界に達すると会いたくないという男性も少なくありません。自己中な態度で彼をイラッとさせないように、今までの行動を振り返ってみましょう。

彼女がイライラしているから

「デート中、つまらなそうな彼女にうんざりする」(37歳/製造)「居酒屋に連れ行くと、彼女が不機嫌になる」(26歳/介護)

彼氏に感情をぶつけすぎたり、怒りっぽくなったりすると彼女への気持ちが冷めてしまうそう。付き合いが長くなっても、彼への思いやりを忘れないことが大切ですね。

今の状態にマンネリしてしまったから

「マンネリ化して、飽きてきたから」(28歳/教育関係)「メイクもせずにデートする同棲中の彼女にガッカリした」(37歳/美容)

ドキドキ感がなくなると、デートが面倒くさいと思ってしまう男性もいます。マンネリになると彼女への扱いが雑になるのでサインを見逃さないで。

自分の意見や事情を知ってほしいから

「仕事が大変だから、夜や休みの日はゆっくり過ごしたい気持ちを理解してほしい」(29歳/専門職)「ストレスを察してほしくて、冷たくしてしまう」(31歳/エンジニア)

自分の気持ちを汲み取ってほしい思いから、冷たく接してしまう男性も少なくないのです。無理に誘うと、そっけない返事をしたり、会っても楽しくなさそうという態度を取りがちになります。あなたのことを嫌いになったわけではないので、空気を読んで接したほうがいいかも。

男らしく強い存在でいたいから

「男らしく育てられたから、彼女に強く言ってしまう」(31歳/製造)「彼女に自分の気分や都合を合わせたくない」(27歳/スポーツ)

この亭主関白タイプは、「自分は強い存在」「自分の欲求を相手が耐えるべき」「自分の都合に合わせるべき」という上から目線の思考から冷たい態度になりがちです。彼自身の考えや行動を変えるのは難しいでしょう。

冷たい彼氏への正しい対処法って?

冷たい彼氏への正しい対処法って?冷たくなってしまった彼氏との関係性を打破するために、対処法をご紹介していきます。

冷たくなった原因を探る・自分に欠点があれば直す

二人の関係を修復するために彼氏の態度と状況を思い出して、あなたがわかる範囲で原因を探ってみましょう

冷たくなった原因を探す
彼氏に対して傷つけることをした?
彼氏に思いやりを持って接していた?
彼氏が冷たくなった時期はいつ?

マンネリが原因だった場合、今までの付き合い方を見直しましょう。同じ居酒屋デート、同じ交通手段、同じデート服など、ドキドキが味わえない理由がいくつかあるはずです。今まで使わなかった可愛いスタンプを使ったり、行ったことのない場所へ誘ったりして、新鮮な一面を見せるのもいいかもしれませんね。

彼氏が冷たい理由があなた自身だった場合、そこを直す努力をしましょう。あなたの変化に気づけば、冷たい態度をとった彼自身も反省してくれる可能性もありますよ。

理由を聞いてみる・話し合いをする

彼氏の冷たい態度を意識すればするほど気になってしまう女性なら、お互いの気持ちを話し合って解決することをおすすめします。例えば、どうしても原因がわからない場合、思い切って「なぜ冷たい態度を取るの?」「冷たい態度をされるのは辛い」と伝えてみて。

少し勇気のいる対処法ですが、キツイ言い方にならないように気をつけましょう。素直になって落ち着いて話せば、あなたの不安な気持ちも伝わるはずです。意図的に冷たくしていなかった彼氏の場合、彼女にそんな思いをさせていることすら気づいていないので態度を改めてくれるかも。

もし理由があれば、彼氏の気持ちや状況を知る良いきっかけになるかもしれません。一方的に問い詰めてしまうと彼氏もホンネを言い出しにくいので、雰囲気づくりを大切にしましょう。気にしないようにと我慢しても、いつか限界がきますよ。

話し合うときのコツ
話し合うときのポイントは「アイメッセージ」で伝えること。これは主語を「あなた」から「私」に置き換える手法です。例えば、最近あなたが冷たい→冷たい感じがして私は悲しい。あなたは、どうして既読スルーするの?→私は、既読スルーされると辛い。と帰ることで、伝わり方が優しくなるのです。この手法を使うことで、相手が悪かったと罪悪感を抱き、話し合いをスムーズに進めることができるはず。

少し放っておく

二人の関係を改善するために、ときには距離を置くことも大切。理由がわからないまま「なんで?」「どうして?」と聞いても、うっとおしく感じて二人の仲が悪化してしまう可能性もあります。少しの間、寂しさをグッとこらえてみて。

彼氏の温度に一度合わせてみる

追いかけても逃げてしまうタイプの男性なら、彼氏と同じ温度に合わせてみましょう。例えば、彼氏が連絡してくる頻度や、彼氏が会いたいと思える頻度を考えて、相手のペースに合わせてみるのです。一旦あなた自身の温度を下げることで、相手が何を求めているのか見えてくるはず。

彼氏への態度を変えてみる

彼氏が冷たいと感じるなら、彼に対する態度を今までと変えてみましょう。例えば、今まで彼に甘えていたら自立した面を見せたり、尽くしていたなら冷たく突き放した振る舞いをしてみて。彼の知らなかった一面をアピールすることで、新鮮さとギャップで二人の関係が再燃するかも。

自分磨きをしてみる

彼氏の周りに女性の影がチラついていたら、自分磨きを徹底してみましょう。中身を変えることも大切ですが、変化がわかりやすい髪型、メイク、服装、体型などから始めるのがおすすめ。もし、女性らしさが必要だと思うなら、恥ずかしがらず男ウケする振る舞いを取り入れるのもいいかもしれません。大切なことは彼氏好みの理想的な女性になること。相手が心変わりして、もう一度あなたに振り向いてくれるはずですよ。

友だちに相談してみる

共通の友達がいる場合、彼氏のことを相談してみましょう。最近の様子や、何か変わったことがないか、など話してくれるはず。もしかしたら、彼が冷たくなった理由や、今後のアドバイスがもらえるかもしれません。ただし、相談相手が男友達だと、二人の関係が悪化することがあるので気をつけて。

心理的に疲れたと言う

恋人に対してS気のある彼氏なら「心理的に疲れた」といってみましょう。このタイプは、意地悪な態度や酷い言葉で彼女の反応を見ているので、あなたへの愛情があれば今までの態度を改めてくれるはずです。

彼氏にベッタリな一面は見せない

彼氏のことを大好きでも「もう彼氏しかいない!」という気持ちを押さえてみましょう。付き合いたての頃は、自分にべったりな彼女が可愛く見えていたとしても、冷たくなってしまった彼氏からすれば重く感じてしまうのです。だからこそ、彼氏以外の人と過ごす時間を増やして、彼がいなくても大丈夫という一面を見せて。きっと彼氏は複雑な気分にはるはずですよ。

積極的に外に出るようにする

同棲カップルやマンネリ気味のカップルなら、彼氏を外に連れ出してみて。今まで二人でしてこなかったデートをすれば、新鮮な気分で付き合っていけるかもしれません。自然いっぱいなデートや定番のデートスポットなどに、マンネリ化から脱出しましょう。

もし、冷たい彼氏の態度で引きこもりがちの場合も、友達の誘いや家族との旅行など、社交的に過ごすことをおすすめします。なぜなら、あなたが楽しんでいることを知ると、彼氏の目にも魅力的に映るから。予想外に放置されている自分に気づいた彼は、また追いかけたいと思うはずですよ。

考えすぎずに明るく振る舞う

一時的なものであれば自然と元に戻るので、あえて考えすぎずに彼の前で明るく振る舞うのもひとつの対処法。もしかしたら、あなた自身が「彼氏が冷たくなった」と過剰に反応してしまっているだけで、実際は冷たくなっていない可能性もあります。他にも、仕事が忙しく冷たくなっている場合、そこまで深く思いつめなくてもいいかもしれません。

冷たい彼氏に動揺しない

冷たい彼氏を見ても、動揺しないで普段通りのあなたでいることも大切な対処法。なぜなら、彼の冷たい態度を見て動揺してしまうと不安な気持ちになり、彼にすがりついてしまうから。自分にベタ惚れのことを気づいた彼氏は、さらには逃げてしまう可能性があるのです。だからこそ、彼氏に動揺していることを見抜かれないように、平然とした態度で接しましょう。

何もせずに現状維持する

意外な対処法かもしれませんが、何もせずに現状維持することも大切です。彼氏が冷たい態度のままだとしても、相手があなたから離れないのであれば一緒にいたいということになります。もし、他の女性のところへ行ってしまうのであればそれまでです。原因がわからないまま、しつこく追いかけるよりは良いかもしれません。

かまってちゃんタイプの対処法

かまってちゃんタイプの彼氏には、意外にもかまわないことが大切です。冷たい態度で相手の気を引こうとするので、かまえばかまうほど「もっともっと」と行動がエスカレートしてしまう前に平然とした態度で接しましょう。

亭主関白タイプの対処法

強さを見せたい亭主関白の彼氏には、彼の強い部分を褒めてあげましょう。満面の笑みで「さすがだね!」「そういうところが好き」と認めてあげると、安心感から態度がおさまるはず。

恋愛相談のプロに彼の本音を聞く

もし共通の友人もいなく、話し合いもできない彼氏ならプロの占い師に相談してみましょう。プロの占い師は、これまで何千人、何万人もの恋愛相談を受けている、恋愛相談のスペシャリストなのです。今まで相談を受けてきた知識と経験、スピリチュアルな面から、彼の気持ちを汲み取ってくれます。

プロの占い師でわかることとは…

  • 彼のあなたへの気持ち
  • 彼を振り向かせる方法
  • 彼が冷たくなった理由

他にも、あなたが不安なことがあれば、きっと答えてくれるはず。料金も良心的で、今すぐ相談できるから試してみる価値あり。彼氏の関係性を考える上で、参考にするアドバイスのひとつとして損はしないはずです。

無料登録で最大2,500円分占う

彼氏が冷たいときに、とってはいけないNG行動って?

彼氏が冷たいときに、とってはいけないNG行動って?彼氏の気持ちを取り戻したくて、がむしゃらに頑張ってしまうことってありますよね。追いかければ追いかけるほど、彼の心は離れてしまい、どうしたらいいかわからない。そんな女性に、彼氏にとってはいけないNG行動をご紹介します。

彼氏に尽くす都合のいい女にならない

彼氏に尽くしすぎて都合のいい女になると、冷められる女性も少なくありません。彼の身の回り世話をしたり、彼が何をしても許したり、彼に言われるがまま、なんてことになれば都合のいい女として舐められてしまうのです。尽くすことで「いい奥さんになりそう」と思ってもらえると、頑張ってしまう女性は気をつけて。

浮気を疑うのはNG

彼氏の態度が冷たくなったからといって、浮気と決めつけて疑うのはNG。例えば、誰のInstagramに彼氏がいいねしたのか、誰と繋がっているのか、交友関係をSNSで調べていることがバレたら彼は恐怖で震えるでしょう。あなたの嫉妬深さから別れを告げられるかもしれません。だからこそ、彼氏や彼氏の周りを疑うのではなく、自分自身の彼への振る舞いを見つめ直してみることが大切です。

彼氏に執着しすぎない

彼氏が冷たいときは、彼氏以外のことを考える時間を持ってみて。例えば、仕事や趣味など恋愛以外の時間を充実させれば、彼氏のことを考える時間が減って、彼のやることが気にならなくなるでしょう。そうすれば、「彼氏が好きだから感情的になる」「彼氏に真正面前からぶつかってしまう」ということが減るはず。彼氏が冷たいと感じたら、彼氏を変える前に自分が変わってみて。

彼氏の気を引こうと追いかけない

彼氏をもう一度振り向かせようと、しつこく追いかける行動はNG。男性を細かくチェックしたり、口だししたり、束縛するようなことをすれば嫌がられるだけ。

特に、こんな行動は控えて!

  • 返信がないのに、しつこく連絡する
  • 私のこと嫌い?と泣き叫ぶ
  • 何で冷たいの?と問い詰める
  • 嫉妬させるような行動をする
  • 休みの日にいつも一緒にいる

彼氏に対する不安から起きてしまう言動ですが、冷静に考えれば彼氏が疲れてしまうのもわかるはず。彼の気持ちを取り戻そうと、感情的になるのは避けましょう。

冷たい彼氏が優しくなるパターン

冷たい彼氏が優しくなるパターン冷たい態度の彼氏が、優しくなるときの3つのパターンを見ていきましょう

彼女の大切さを実感したとき

冷たい彼氏が優しくなるパターンは、彼女の大切さを実感したとき。例えば、仕事のミスで自信をなくしているなら、優しくなぐさめてあげれば彼女の大切さを痛感するはずです。あなたがいることで安心感を抱き、今まで見落としていた恋人の必要性を再確認してくれるでしょう。ピリピリ怒る女性よりも、器の大きさを持った彼女の方が魅力的に映るはずですよ。

彼女に惚れ直したとき

冷たい態度の彼氏が優しくなるパターンは、彼女に惚れ直したとき。例えば、彼氏が辛いときに寄り添って支えれば、あなたの魅力に気づいて優しくなるというわけ。しつこく追いかけ回すことはやめて、彼に思いやりを持って接してみましょう。

彼自身が冷たい態度に気づいたとき

冷たい彼氏が優しくなるパターンは、彼の冷たい態度で彼女が傷ついていることに気づき、改善しようと努力してくれたとき。つまり、彼女が自分の行動によって悲しい思いを知ることで、態度を改めようと優しくなるのです。このタイプの彼氏なら、この先も関係を続けていけそうですよね。

冷たい彼氏と別れるべき?付き合い続けるべき?

冷たい彼氏と別れるべき?付き合い続けるべき?彼氏が冷たいと感じたとき、彼氏と別れるべきか、付き合い続けるべきか、悩んでしまいますよね。ここでは、別れを判断するポイントを見ていきましょう。

彼氏が冷たいのは別れのサインとは限らない

彼氏が冷たいと感じると、別れのサイン?と思ってしまうこともありますよね。だけど、「冷たい=別れのサイン」ではありません。彼の冷たい態度は、彼にとって「本来の自分」なのかもしれません。この場合、相手があなたを嫌いになった可能性が低いので、別れてしまうと後悔してしまうかも。

彼氏の様子を見て判断する

なぜ彼氏の態度が冷たいのかわからない場合、しばらく様子を見て今後の関係を判断しましょう。もしかしたら仕事が上手くいかず、ストレスが溜まっているのかもしれません。彼氏の性格や状況を見ながら、付き合い続けるかどうか決めるのも遅くはありません。本当のあなたの幸せを考えて、答えを出してみて。

冷たい態度に嫌気がさしたら別れる

今までと変わらない彼の冷たい態度に、嫌気がさしたら別れを選ぶのもあり。一緒にいても楽しくない、会話も苦痛、だとしたら無理してまで一緒にいなくてもいいのです。

あれこれ対処法を試しても無理なら別れる

冷たい態度の彼氏に、あれこれと対処法を試しても無理なら諦めることも大切です。彼氏の都合で振り回されたり、デート中にひどいことを言う彼氏に対して、辛い思いをしてまで付き合い続ける必要はありません。冷たい態度のままなら、この先もきっと変わることはありません。大好きな人との別れは悲しいですが、時間を大切にして見切りをつけましょう。

別れを考えるべき彼氏の冷たい態度

別れを考えるべき冷たい態度とは、音信不通のとき。なぜなら、好きな女性に対して音信不通になることはありえないから。連絡することも、会おうとしない状況が続いたら、彼氏は二人の関係を真剣に考えていないということなのです。彼女との時間をつくろうとしないということは、もう気持ちがないという証拠。ただし、彼氏が気分屋の場合、突然、連絡が来ることもあるので、彼といて辛いなら別れを選んだ方が幸せになれるはず。

彼氏が冷たいときの心理と対処法まとめ

彼氏から冷たくされると、それだけで頭の中がいっぱいになり、どうしたらいいのかわからなくなってしまいますよね。まずは、冷静になって、あなた自身で原因を探ることで、思わぬ解決法が見つかるかもしれません。ただし、どうしても原因がわからない場合、彼の気持ちを占ってもらうのもいいかもしれません。もう一度、彼を振り向かせられる、アドバイスがもらえるはずですよ。

無料登録で最大2,500円分占う