好きな人と両思いになる方法!男性が好きな人にとる態度と行動編

好きな人を振り向かせたい!

そんな気持ちになっているなら、思いきって両思いになる方法を試してみましょう。

今回は、「男性が好きな人にとる態度&行動」「好きな人と両思いになる方法」「好きな人が振り向かなくなるNG行動」についてご紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

無料登録で最大2,500円分占う

両想いとは?

両想いとは、相思相愛の関係ということです。

積極的な性格の人なら好意をアピールしますが、消極的なタイプの人ならじっくり時間をかけていくこともあります。

相手から好きサインを見逃さないようにしましょう。

気になる人と好きな人の見極め方

「気になる人」とは、好意を持っているけれども、気持ちがまだ確定していない不安定な状態のとき。

「好きな人」とは、「この人と付き合いたい」「他の異性に絶対に奪われたくない」という、その人に対して好きという気持ちが確定している状態のこと。

相手が「気になる人」なのかそれとももう「好きな人」なのか、行動による違いを見ていきましょう。

LINEの頻度が異なる

相手がふとしたときに、あなたのプライベートなことを聞いてくることはありませんか?

それは、相手があなたのことが気になって、もっと知りたいという気持ちの表れだからです。

会話をするときの内容が異なる

好きな人との会話は、一緒に楽しい時間を過ごすためにまっすぐ前向きな会話をします。

一方で気になる相手との会話は、自分の気持ちに余裕があって、相手の人間性などを見ようとしてしまうのです。

1つ1つをクリアして、好きという気持ちが固まっていきます。

他の異性に興味がなくなる

気になるだけの人なら、他の異性に興味が移ることもあります。

一方、好きな人がいたら、他の異性よりも本命一本になるはずです。

他の異性に興味がなくなるほど、本気度が高まっていきますよ。

触れ合いたくなる

好きな人となら手をつないだり、軽いボディタッチをしたりするだけでドキドキしてしまいますよね。

一方で、少し気になるくらいの男性が、急にボディタッチをしたら引いてしまうこともあります。

女性にとっては、「触れられる人=特別な人」と脳が認識しているのです。

男性は好きな人に特別な態度をとる

男性は、本当に好きな女性に対して、特別な態度をとっています。

男性のあなたに対する態度や行動をチェックすれば、脈ありなのか脈なしなのか判断することができますよ。

男女で好きな人にとる態度が違う

男性と女性とでは、好きな人に対する態度のとり方が違います。

多くの女性は、好きな男性に仕草や表情を使ってサインを送り、男性からアプローチされることを待っています。

一方男性は、好きな女性にあからさまな態度をとって、好意を伝えようとします。

男性が好きな人にとる態度:行動編

昼間のデートに誘う

本当に好きな人とデートしたいと思っている男性は、休日の昼間からデートに誘います。

夜なら体目当ての可能性もありますが、せっかくの休日を昼間から過ごす時間に充てるというのは本気でアプローチしたい証拠。

あなたが昼間のデートに誘われたら、本命度はかなり高いはずですよ。

送り迎えをしてくれる

デートの帰りや夜遅くなったときに、自宅まで送り届けてくれたりするなら、男性にとって好きな人である可能性が高いでしょう。

「守ってあげたい」という心理もありますが、この行動の裏には、行き帰りの道中も一緒にいたいという気持ちも隠されています。

特に、迎えに来てくれるなら、本気であなたのことを大切にしたいと思っているはず。

予定を合わせてくれる

できるだけ予定を相手に合わせてくれるのも、男性が好きな人にとる態度のひとつです。

例えば、どんなに仕事が忙しくても、いつもデートの誘いがOKだったら脈アリかもしれませんね。

都合が合わないときにデートの予定をずらそうと努力してくれたり、スケジュールもすぐに組んでくれたりするのは、男性の本気度がうかがえます。

香水をつける

普段、香水をつけない男性が香水をつけていたら、男性が見せる好意のサインの中で王道の行動です。

香水をつけたり、フリスクを食べたりしているなら、女性から「いい香りのする人」と好印象を持ってもらうための行動と思っていいでしょう。

あなたに会うときに香水をつけていたら、意識している証拠かもしれませんね。

自分をよく見せようとする

男性は、好きな人の前で自分をよく見せたいと思い、さりげなくカッコつけてしまうことがあります。

あなたと話しているときに、髪型を気にしたり、服のヨレを正したりという行動は、あなたのことが気になっている態度かもしれませんね。

好きな女性に、「カッコイイ」「すごい」と思ってもらいたいので、他の男性よりも優れているように見せてしまうのです。

あなたに対する態度が周りと違うなら、意識されているかもしれませんね。

ミラーリングをする

相手と同じタイミングで同じ行動をする心理学の「ミラーリング」は、相手に対して好意を持っているサインといわれています。

例えば、あなたがお酒を飲むのを見て、同じタイミングで男性が飲むなら男性があなたのことを気になっている証拠です。

相手があなたとペースを合わせたいと思っているかどうか、ミラーリングなら確かめやすいはず。

よく見てくる・よく目が合う

「本命相手をついつい見てしまう」と感じる男性は多いです。

例えば、ふと振り向いた瞬間に目があったり、遠くからでも気にしていたりしたら好意がある可能性があります。

「あの子かわいいな」「話しかけて仲良くなりたい」と目が離せなくなっているので、あなたから話しかけて距離を縮めるのもいいかもしれませんね。

特に、好きな人の前では自然と頬が緩んでしまう男性が多いので、やたらと見つめて来たり、何度も目が合ったりすると感じたら、あなたの姿を追っているサインかも。

話に共感してくれる

頑固な男性でも好きな女性の前では、話を聞いて共感してくれることも惚れている行動の一つです。

例えば、好きな音楽の話をすれば、意見に同意してくれたり、考え方が柔軟になったりすることもあります。

女性の話に「うんうん」と大きくうなずいたり、「それもいいね」と共感してくたりするなら、あなたに好意を抱いている可能性があります。

弱い部分を見せる

男性は、女性にはカッコいいところを見せますが、「本命相手にありのままの自分を見せたい」という気持ちから弱い部分を見せてくれます。

男性が、弱音を吐いたり、悩みを打ち明けたりしてくれるなら、特別な存在ということになります。

あなたに弱みを見せてくれたら、なぐさめてほしいと思っているので、温かく包み込んであげましょう。

仲の良い友達に紹介してくれる

本気で付き合いたいと思っている女性には、仲の良い友達に紹介しようとします。

これから長い時間を一緒に過ごしていきたい女性だからこそ、大切な男友達とも仲良くしてもらいたいと思うのです。

あなたを男友達に紹介してくれたら、本命の可能性大。

他の異性に嫉妬する

男性は、自分の好きな人が他の異性と仲良くしていると、不機嫌になったり、その男性のことを聞いたりすることがあります。

しかも、嫉妬深い男性なら男性芸能人の話をしただけで、ムッとしたような態度になるのです。

男性は、独占欲が強く嫉妬深いので、あえて他の男性の話を出して反応をチェックするのもアリですがやりすぎは禁物。

小さな変化に気づく

男性は好きな女性のことを常に目で追っているので、小さな変化にもすぐ気づいて褒めてくれます。

あなたがメイクを変えたり、ネイルをしたり、髪型を変えたりなど外見の変化はもちろん、女性の表情からでも声をかけてくることもあります。

女性の小さな変化に気づいて褒めてくれる男性がいたら、あなたに好意をもっているサインといえそうです。

優しくしてくれる

本命の相手に男性は、あからさまにわかるほど優しく接します。

例えば、重い荷物を持ってくれたり、ちょっとしたプレゼントをしてくれたりするのも男性が好きな人にとる王道の行動です。

他にも、デートに遅刻しても怒るより「大丈夫?」と心配してしまうのが男性の心理のよう。

相手に好きになってもらいたい一心で、周りからバレバレとわかる態度を取ることが多いので好意のない女性に対してしない行動でしょう。

何度もデートに誘う

どんなに忙しくても会う時間を作ってくれたり、電話してくれたりするなら、男性が本当に好きな人にだけとる態度だといえるでしょう。

男性は、好きな女性のためなら仕事終わりの数分間や休憩時間など、わずかな合間でもあなたに時間を作ろうとします。

本当に好きな人とは、自分の予定を調整してでも会いたいと思うものです。

あなたの都合が悪くてデートを断って諦めてしまうような男性は、本気でなかったと考えましょう。

男性が好きな人にとる態度:会話編

プライベートを聞いてくる

男性に好きな女性ができたときは、好きな人のプライベートなことを知りたがります。

例えば、「今度の日曜日は何してるの?」「連休は誰かと遊んだ?」「好きな食べ物は?」など、相手のことを知りたいと思う気持ちと、そこに男の影がないのかチェックしているのかも。

あなたに誰と過ごしたのか聞いてくるなら、本命度は高まりそうですね。

将来のことを話す

男性から将来の話をしてきたら、男性の本気度は高いでしょう。

例えば、「こんな夢があるんだ」「来年は旅行しよう」と未来のことを話してくれるなら、「これからもずっと一緒にいたい」という気持ちのあらわれです。

女性に将来の話をするのは、男性にとって大きな責任や不安を感じるものなので、本当に好きな人でないと将来のことは口に出さないはず。

質問が多い

男性は、気になる女性とできるだけ長く話していたいと思ってしまうので、ついつい質問の回数が多くなってしまいます。

「用事は終わったのに、会話を続けようとしてくれている?」と感じたら気になっているサインかも。

特に、彼氏の有無を聞いてくる男性がいたら、あなたに好意を持っているといえるでしょう。

連絡がマメになる

LINEや電話の回数が多いなら、彼の本気度はかなり高めでしょう。

特に、好きな人と常に一緒にいたいという男性は、用事もないのに頻繁に連絡する傾向があります。

例えば、好きな女性の声を聞きたくて、酔ったフリをして電話をしてくるかも。

忙しくてもマメに連絡してくる男性は、あなたに本気の可能性が高いでしょう。

家族や友達の話をする

男性が家族や友達の話をするのは、本気で思っている女性だけです。

本命の女性には、家族とも仲良くなってほしいという思いから、プライベートをさらけ出したいと考えられます。

男性があなたに自分の過去や家族、友達の話をしてきたら、あなたに対して心を開いている証拠です。

興味のない話でも最後まで聞く

興味がない話でも好きな女性のことなら、いつでも最後まで聞いてくれるでしょう。

本当に好きな人の話なら、女性に体を向けて真剣に聞いてしまうのが男性なのです。

例えば、過去に話した内容を男性が覚えているなら、特別な存在になれる日も近いかも。

スマホを見ながら、ゲームをしながらなどの「ながら会話」なんて、あり得ない態度なのです。

会話中でも相手の態度をしっかりとチェックしてみて。

男性が好きな人にとる態度:LINE編

日常写真を送ってくる

男性がよく写真付きでLINEを送ってくるなら、本命の可能性が高いでしょう。

彼のペットやご飯などの写真を送ってくるなら、好きな女性と少しでも会話をしたいという気持ちのあらわれです。

女性が「素敵!」「すごい!」と返信すれば、この上なく嬉しい気持ちになるはずですよ。

「おはよう」「おやすみ」を欠かさない

毎日「おはよう」「おやすみ」のLINEがくるなら、本気の可能性がかなり高いです。

多くの男性がLINEでの挨拶が面倒と感じているので、それでも何とかして女性と接点を持ちたいという気持ちの表れでしょう。

返信が早い

男性は好きな女性からLINEがあれば、たとえ忙しくても必ず返信をします。

本当に好きな人に対しては、忙しさの合間を見つけて返信してくれるので、既読スルーすることはありません。

スムーズな返信のやり取りができているなら、あなたに好意があるのかも。

やり取りが何日も続く

LINEのやり取りが何日も続いているなら、あなたに対する男性の態度は本物でしょう。

男性がLINEをするのは用事があるときだけなので、何かあるわけでもないのにLINEを続けたいような態度が見られたら、距離を縮めたいと思っている証拠です。

LINEでもいいから、好きな女性とつながっていたいと考えてしまうようです。

男性が好きな人にとる態度:職場編

困っている時に助けてくれる

好きな人が困っていたら、男性は驚くスピードで助けてくれます。

同僚として助けることもありますが、困っていることを表に出していないにもかかわらず声をかけてくれたら話は別です。

女性が頼んでいないことを男性がしてくれたら、他の男性よりも頼りがいがあると思ってもらいたいという気持ちのあらわれでしょう。

好きな女性のことをよく見てくれていると言えそうですね。

飲み会で隣に座ってくる

好きな女性と仲良くなりたいと思う男性は、飲み会で本命相手の隣の席を確保してしまう傾向があります。

酔った女性を介抱してあげたい、他の男性に近づいてほしくないなどの心理から、距離が近くになってしまうのです。

照れ屋の男性は、飲み会の後半に距離を縮めてくるので、あなたから声をかけてみると恋が進展するかもしれませんね。

下の名前で呼んでくる

男性が他の女性はすべて苗字で呼んでいるのに、本命相手だけ下の名前で呼ぶことがあります。

今まで名字で呼んでいたのに、急に下の名前で呼び始めたら意識しているサインです。

男性の本気度を見極めるためにも、職場の女性がどのように呼ばれているかチェックしてみて。

プライベートな連絡先を聞く

職場の男性がプライベートな連絡先を聞いてきたら、好意を持たれているサインでしょう。

特に、仕事用のスマホを使い分けている職場なら、仕事以外に連絡を取り合う必要はありません。

気になる女性でなければ、個人的な連絡先など聞いてこないはずです。

男性が好きな人にとる態度:好き避け編

そっけない態度を取る

好き避けしてしまう男性は、好きな女性と会話をしていても、そっけない態度を取ってしまうことがあります。

緊張もあってどう話したら良いのか分からず、もっと話したいのに話せないというのが本音のようです。

このタイプの男性は、LINEだと普通に話してくれることが多いので、女性が「嫌われているのかな?」と思う前に態度の違いをチェックしてみましょう。

緊張して挙動不審になる

照れ屋の男性は、目を見て話せなかったり、たどたどしい話し方になったりと、好きな女性の前で挙動不審な行動が多くなります。

「嫌われたくない」「好かれたい」と思って、本命女性に上手くアピールできないのです。

もし、気持ちを知られるのが恥ずかしい男性なら「どうして目を見てくれないの?」「私のこと嫌い?」とあえて聞いてみるのもいいかも。

それがきっかけで、相手も少し素直になってくれるかもしれませんね。

意地悪してくる・からかってくる

子供みたいと思うかもしれませんが、好きな女性に対して意地悪したり、からかったりしてしまう男性もいます。

小学生の男の子が好きな女の子に意地悪をしてしまう態度にも似ているので、嫌われているからだと深刻に思わないで。

あなたにとって傷つく言葉を言っても、それは気持ちの裏返のことがあります。

目が合うと逸らす

好き避けしてしまう男性の多くが、好きな女性と目が合うと目を逸らしがちです。

ふと目が合ったときに、思いきり目を逸らされることもあるので、彼に嫌われていると勘違いしないで。

このタイプの男性は、皆の前ではクールなのに、2人きりのときだけ優しくなったりするので態度をチェックしてみて。

好きな人と両想いになる方法:ステップ1相手を知る

好きな人の情報をゲット

まず、好きな人に関する情報をゲットしましょう。

好きな歌手、映画、食べ物からマイナー情報まで収集できれば、共通の話題が広がって仲良くなれる可能性が高まります。

彼に「あの歌手が好きなの?」と話しかければ、会話のきっかけになるでしょう。

好きなタイプを知る

彼の好きな人や元カノを知ることで、好みのタイプを探ることができます。

「清楚系」「天然キャラ」「好きな女性のしぐさ」など彼の好きなタイプを把握しておくことで、あなたを意識させることができるかも。

彼の弱いツボを見つけて、彼を振り向かせてみましょう。

好きな人と両想いになる方法:ステップ2仲良くなる

食事に誘う

好きな相手と連絡が取れるようになったら、さりげなく食事に誘ってみましょう。

例えば、「美味しいお店見つけたから一緒に行きたい」「男性が多いお店だから、一緒に行ってほしい」などサラッとした誘い方が理想的かも。

もし断られたら「また今度」くらいに流すと、今度は彼から誘ってくれるかもしれませんね。

自分磨きをする

あなたの魅力を彼にみてもらうために、普段から自分磨きをしておきましょう。

身だしなみを整えたり、本気で勉強に取りくんだり、仕草に気を付けたりすることで今以上にあなたを輝かせてくれるはずです。

完璧に彼好みになる必要はありませんが、恋愛対象として見てもらえる外見磨きを念入りにしておく方がベストかも。

悩みごとを相談する

男性は頼られることが好きなので、あなたの悩みごとを相談してみましょう。

重すぎず、暗すぎず、彼の得意そうな内容をチョイスするのが理想的。

何でもできてしまう女性であっても好きな人に頼ることで、彼は「自分が必要とされている」「守ってあげたい」という気持ちになるもの。

相談が終わったら「ありがとう」「頼りになるね」と笑顔で感謝の言葉を伝えれば、グッと関係が近づくはずです。

あえて隙を見せて甘え上手になってみましょう。

共通点を増やす

1つでも共通の話題を増やして、彼が話したいと思う女性になりましょう。

共通点が多ければ多いほど相手は心を開きやすく、特別な存在になれること間違いなしです。

例えば、好きな人の趣味や音楽、本、グルメなど、相手が好きなものを積極的に取り入れることで話が広がりやすくなります。

わからないことがあったら「教えて!」と聞いたら、彼も喜んで教えてくれるかも。

連絡先を交換する

雑談ができる仲になったら、連絡先を交換してみましょう。

特に、飲み会や遊ぶ予定があれば、それを理由に聞けば怪しまれることもないですよね。

他にもSNSで繋がれば彼の私生活や趣味がチェックできちゃうかも。

ただし、彼の投稿に毎回コメントを残すとウザがられるので、程よい距離感を保ちましょう。

友達に協力してもらう

相手と自然に仲良くなりたいなら、共通の友人や周囲の人と含めて一緒に遊んでみましょう。

彼の友達や知人と良い関係を気づけば、いざというときに相談やアドバイスをお願いできるかもしれませんよ。

もしかしたら2人きりで話すチャンスも作ってくれるかも。

物の貸し借りをする

今度は、彼と物の貸し借りもしてみましょう。

貸し借りできそうな物を見つけたら、「貸して欲しい」とお願いしてみて。

借りた物を返すとき、プチギフトと共に一言添えると好印象間違いなしですよね。

感情表現と意見を伝える

意外かもしれませんが、感情表現を豊にして自分の意思を伝えることで、男性に好意を持たれやすくなります。

例えば、彼と一緒に食べたランチで、うれしそうに「美味しい」といってみたり、あなたが行きたいところへ提案してみたりするのもアリです。

相手に「俺といると楽しそうだな」「自分の意見を持って素敵だな」とわかると気になりはじめるのです。

可愛いわがままを色々いってみましょう。

好きな人を褒める

恥ずかしいかもしれませんが、彼のいいところや尊敬しているところをさりげなく褒めましょう。

素直に褒められる機会は多くないので、それだけであなたの存在価値が上がりやすくなるのです。

例えば、「さすが」「すごいね」「かっこいいね」「優しいね」など簡単な言葉から始めてもいいかもしれませんね。

あいさつ・彼の名前を呼ぶ・質問をする

まだ彼と接点のない関係の場合、笑顔であいさつをして、あなたのことを認識してもらいましょう。

そして、彼と話すきっかけができたら、なるべく質問をして会話を広げてみて。

ポイントは、彼と話すときは、彼の名前を多く呼んで、距離感を縮めます。

例えば、「〇〇くん、おはよう。今日は晴れだね。どこか行きたくなるね!最近、どこか出かけた?」と気軽に話せる関係になれば、以前よりもグッと関係が近くなるはずです。

占いに相談する

彼と仲良くなるときに、何をすればいいかわからず悩んでしまうことがありますよね。

そんなときは、占いに頼ってみるのもアリです。

意外な方法かもしれませんが、恋愛相談のプロとして相談されることも多く、これからの二人の関係を占ってくれるでしょう。

弱さを見せる

気になる相手に自分の弱さをみせましょう。

例えば、体調が悪いときや弱っている姿を見せることで、好きな人から放っておけない存在と認識してもらうのです。

そのときに、いつもより近い距離感で雰囲気作りできると、相手が意識していなかった恋愛感情が芽生えるかもしれませんね。

好きな人に送るLINEのコツ

LINEはサクッと明るい内容

好きな人に送るLINEは、明るく短い内容が好印象です。

長文のLINEは「怖い…」と感じる男性が多いので、仕事が忙しくても休憩中に見ると癒やされるような文章を心かげましょうね。

緊張して何を送ったらいいかわからないと思ったら、「スタバの新作おすすめだよ」「この漫画おもしろいよ」など何気ないことを送ってみて。

他にも、「お礼」や「相談ごと」もいいかもしれませんね。

例えば、同じ職場でプロジェクトが終わった後なら「助けていただいて、ありがとうございました」と感謝の言葉を送っても好印象ですよね。

スタンプで上手に感情表現

LINEでは文字だけでなく、あなたの感情が相手に伝わりやすいように、スタンプや絵文字を上手に使うことも大切です。

例えば、「うれしい!」という言葉だけでなく、喜びのスタンプも使われていたら、彼に本当に喜んでいることが伝わりやすくなりますよね。

文字だけだと怒っているように受け取られることもあるので、スタンプや絵文字を使いこなして好印象を目指しましょう。

LINEのテンポと時間が大切

LINEをするのが苦手な彼だった場合、相手のペースに合わせて返信することが大切です。

例えば、ゆっくり返信をするタイプだったら、あまりにも早いテンポでLINEを送りすぎてしまうと「ガツガツ来る」と引かれてしまうかもしれません。

だからこそ、相手の忙しくない時間に同じテンポで返信してあげると、相手もやりとりしやすいと思ってくれるでしょう。

送ったLINEは取り消さない

好きな人に送ったLINEは取り消さないようにしましょう。

相手がLINEを開いたときに「メッセージを取り消しました。メッセージを取り消しました。メッセージを取り消しました。」と表示されたら恐怖でしかありません。

既読スルーされても、しつこく送らない

好きな人から返信が中々返ってこなくても、「忙しい?」「何してるの?」「どうしたの?」など、しつこく送り続けることはやめましょう。

たまたま返信できなかっただけかもしれないので、「そのうち返ってくる」くらいの気持ちで気楽に待つことも必要です。

相手から返信がないのに送り続けると、面倒と思われてしまうので気をつけて。

LINE電話をかけてみる

気軽にLINEできる仲になったら、LINE電話をかけてみるのもアリです。

LINEでのやり取りと違って、二人の関係が急接近できるちゃうかも。

万が一、電話をかけたときに彼が電話に出られなかったとしても、「話したくて電話かけちゃった」と可愛くいってみましょう。

好きな人と両想いになる方法:ステップ3告白する

女であることを意識させる

相手の恋愛対象となるために、「女であること」「男であること」を意識させることが大切です。

例えば、女性らしい髪型やファッションに変えてみたり、男性が好む香りを身にまとったりすることで、相手をドキッとさせるのもいいですね。

あくまでも「女性らしさ」を心がけましょう。

脈アリ感を出す

告白する前にやんわりと好意を伝えて、あえて相手から気になる存在になるのもアリです。

心理学では、「好意の反報性」と呼ばれていて「好きといわれると好きになる」といわれています。

「一緒にいると楽しい」「優しいところが好き」など、「俺のこと好きなの?」と思わせることができれば効果的です。

例えば、好きな人に「どんな人がタイプ?」と聞かれたら、彼に当てはまる特徴をいって意識させてみて。

デートに誘う

彼があなたに興味ある素振りを見せたら、思い切ってデートに誘ってみましょう。

「行きたいお店があるから行かない?」なんて自然に誘えれば、相手もOKしてくれるはず。

周囲にもバレてしまうくらい、相手に特別感を与えていいと思いますよ。

告白する

いよいよ告白!となったら素直に気持ちを伝えましょう。

「好き」「付き合ってほしい」「好きな人がいるのは知ってるけど」など相手の心に響く言葉をいってみて。

好きな人と両想いと感じる瞬間

相手が言いたいことを予想できる

好きな人と一緒に過ごしていると、相手の考えていることがわかるようになります。

「これ食べたいと思ったでしょ?と聞くと「なんで分かったの?」と相手もビックリした反応が増えてくるかも。

相手の気持ちが分かるということは、コミュニケーションが取れている証拠です。

同じ口癖・同じペースで行動する

両思いになると、歩く速度や会話スピードなど同じペースになります。

さらに、お互いの口癖まで似てくることも珍しくないです。

二人で過ごした時間が長いからこそ、気づいたら合わせなくても同じになるのでしょう。

お互いを気遣っている

両思いは、お互いを気遣っている雰囲気が周りにもハッキリと伝わってしまいます。

例えば、皆でご飯を食べているとき、嫌いな食べ物を代わりに食べてあげたり、ひとつひとつ確認しなくても自然に出来てしまうのです。

周りの人たちは、「この2人は付き合ってるのかな?」と思うでしょう。

好きな人と両想いと勘違してしまう瞬間

LINEの返事が早くてマメ

LINEの返信スピードは人によって違うので、早く返ってきたからといって好きとは限りません。

LINEをやり取りするスピードよりも、実際に会ったときの様子を見て判断しましょう。

実際、LINEのやり取りはマメではないけれど、告白されたという話をよく聞きます。

目が合うことが多い

一瞬、目が合ったという状態が何度も続いているからといって両思いとは限りません。

周りの様子が気になる人は、目がキョロキョロしています。

だからこそ、どれだけ相手があなたのことをじーっと見つめているかを観察してみて。

大勢のいる前でいつも褒めてくる

相手が大勢のいる前でいつも褒めてくるからといって、あなたと両思いとは限りません。

誰に対してもフレンドリーなタイプだったり、異性の喜ばせかたを知っているタイプだったりするかもしれませんよね。

会う度に褒め言葉をいってくるなら、冷静に相手を見極めていきましょう。

両想いだけど付き合えないパターン

遠距離恋愛

どれだけ思いが通じ合っていても、遠距離で付き合えないという人たちもいます。

数年後に近距離になれる見込みがあっても、すれ違いが続けば、距離に勝てないかもしれません。

同じ職場で気まずい

人数が少ない職場では、二人の関係がバレたり、別れたりしたときの周りの目が気になってしまって、恋人になれないことがあります。

しかも、会社によっては、部署異動を余儀なくされることもあるので覚悟が必要かも。

人間性で引っかかる

相手が短気だったり、店員への態度が悪かったり、人間性で気になるところがあるなら、やめておいた方がいいでしょう。

付き合い初めは優しくても、だんだんと自分勝手な態度を取ってくる可能性大。

実は恋人がいる

ダラダラ付き合っている恋人がいる場合、本命の彼女になるのは難しいかも。

略奪してまで手に入れたいと思わない限り、ブレーキがかかってしまいそう。

結婚相手として見られない

次に付き合うなら人は「結婚相手」という場合、仕事、年齢、家柄、性格などの理想がどうしても高くなります。

しかも、どちらかの家柄が良過ぎると猛反対されて、付き合えないこともあります。

どんなに好きでも「結婚相手として見られない」と思うなら、身を引くしかないでしょう。

好きな人が夢に出てくる意味と心理

1日中、好きな人のことばかり考えていると、強い思いから好きな人が夢に出てくることが多くなります。

夢は、「好きな人とこうなりたい」という願望を表していることが多いです。

好きな人とデートをする夢

好きな人とデートをする夢は、彼と少しでもコミュニケーションを取りたいという気持ちの表れです。

明日は話したいと考えながら寝てしまったり、LINEの返信を待ちながら寝てしまったりすると見やすい夢といわれています。

ちなみに、海デートは2人の距離がグンと縮まる暗示なんだとか。

好きな人と旅行に行く夢

好きな人と旅行に行く夢は、人生を共にしたいという「結婚願望」の表れです。

特に、自分が率先して計画を立ててリードしているなら、相手に対する気持ちが高まっている心理状態にいます。

好きな人と手をつなぐ夢

好きな人と手をつなぐ夢は、相手に愛されたいという気持ちを表しています。

好きな人と手を繋いで「嬉しい」「幸せ」という気分になっていたら、この恋で自分自身がポジイティブになっている証拠です。

逆に、「悲しい」「不安な」という気持ちになっているのであれば、思い通りにいかない恋に
焦っている心理といわれています。

ちなみに、恋人繋ぎなら恋愛成就を暗示していますよ。

好きな人に告白される夢

好きな人に告白される夢は、自分が告白したいという願望の表れです。

つまり、自分の気持ちが「今すぐにでも告白したい!」というところまで高まっているという心理状態です。

正夢になるとは限りませんが、相手から「スキ」と言われたなど、良い言葉が印象に残る夢なら相手が自分に好意を寄せている可能性があるといわれています。

好きな人とキスする夢

好きな人とキスをする夢は、恋心が高まって、相手に対する欲求が抑えられない証拠です。

しかも、自分からキスをする夢なら、かなり自分の気持ちが暴走ぎみ。

自分の相手に対する発言や行動がいき過ぎていないか注意してみましょう。

好きな人が振り向かなくなるNG行動

ガサツな行動・下品な言葉遣い

彼と付き合いたいなら、ガサツな行動や汚い言葉遣いには気を付けましょう。

例えば、ドアを思いっきり閉めたり、ドン!と勢いよく座ったり、日頃から下品な行動を取っていたらどこかでボロが出るもの。

彼の優しさに甘えすぎず、キレイな所作を身につけておきましょうね。

悪口を言う

好きな人の前だけで良い姿を見せても、悪口や弱い者いじめをしていれば男性も引いてしまいます。

彼の友達から悪い噂が彼の耳に入れば、「悪口を言う女性なんだ」と恋愛対象外にされてしまいます。

たとえ彼の好きな人に嫉妬して、嫌がらせをしたりするのは絶対にNG!

ドロドロした感情に飲み込まれそうになったら、彼の好きな人と距離をおくのもアリ。

アピールしすぎる

彼が好きだからといって、勢いにまかせて好き好きアピールをするのは禁物です。

追われると逃げてしまう男性は多いので、「会いたい!」「もっとLINEして」「好きって言って!」「付き合って!」など、彼との関係ができてもいないのに猛烈に突き進むのはストップ!

まずは深呼吸して、2人の雰囲気を考えながらやりとりしましょう。

好きな人と距離を置く

彼を振り向かせたいからといって、突然そっけない態度を取ることはやめましょう。

相手からすれば突然の冷たい態度に困惑したり、「面倒な子だな」と思われたりすれば最悪な印象です。

せっかく仲良くなっても、努力が水の泡になってしまいます。

好きな人に八つ当たりをする

相手に好きな人がいるとき、振り向いてもらえないことから八つ当たりでツンツンした態度をとってしまうことはやめましょう。

不機嫌な態度をとることで注目してほしいものの、相手にしてみれば「イライラして怖い」という存在になってしまいます。

自分の感情を落ち着けるためにも、一度、距離を取って気持ちの回復を待ちましょう。

相手を変えようとする

相手との仲が深まっても「もっと連絡がほしい」「もっと会いたい」など相手の行動を変えようとするのはやめましょう。

相手が変わることを期待するより、自分の考えを変えたり、態度を見つめ直したりする方が上手くいくはずです。

好きな人と両思いになる方法まとめ

好きな人にとる態度と、両想いになる方法をご紹介しました。

もし、好きな人に好きな人がいたとしても諦めなくて大丈夫。

少しでも「もしも」と思うことがあれば、あなたから相手に期待させるような言葉や雰囲気で示すのもアリです。

少しずつアプローチして、好きな人の気持ちを射止めましょう。